プロフィール

「さんまるさん」

Author:「さんまるさん」
なまえ:
『さんまるさん』

日々の音楽生活を
マイペースに、ゆっくり
楽しんでいます。

ブログは、
個人的な楽曲制作や
色々な備忘録です。

日々の出来事も書いたり。

邦楽洋楽ロックが好き。
MWAM🐺
オズフェス系🎸

楽曲制作、DTM、ギターとか。
音楽ニュース記事。
_________

<ユニット>
「The TR303」

◎Blog/曲作り/
DTM/MIXに悩む/ギター/
 
「さんまるさん」

ごゆるり楽しんでいます♪

◎ Gu i t a r
「 TAKASHI 」

HR/HM
_________

フリーエリア

オーディオファイル→MIDIを作成する方法として。logic pro x の機能にて→「Flex有効」にする。

ボーカルの音声ファイル(オーディオ録音)を、
→DAWのlogic pro xのトラックに貼り付けて、
→MIDI作成する(MIDIデータ、ファイル)にする方法の手順を、書き残し_φ(・_・備忘録にしておきたいと思います。

画像を沢山、貼りつけたブログ。

************

☆今回は、2017年6月号雑誌サウンドデザイナーでのアレンジ企画で、

ダウンロード出来る音声ファイル(.wav)のオーディオファイルを

DAW(logic pro x)に、貼り付けて、

それを、MIDI作成します。


◎ちなみに、このアレンジ企画では、

・サンプルレートが、88.2KHZにし、
・テンポ♩=180(ダウンロード時のテンポ)

なので、先に、その設定をしてしまう方法です。

************

とりあえず、新規プロジェクト作成を、
適当にテンプレートから選択してみた。



テンポは、♩=180 忘れない様に、先に設定してしまったわ。

サンプルレートも、44.1KHZから、88.2KHZに。



ダウンロードしたオーディオファイルを、

マウスで、「⤴︎びょーーん⤴︎」!と、ドラックして、

「目的のプロジェクトのトラック」に貼りつける。



「Flexを有効にする」ボタンをクリック!



オーディオファイルを貼りつけたトラックにも
「Flexを有効にする」ボタンがあるので、
そこクリック!



ボタン(Flexを有効にする)の下に出て来る選択を、「Flex pitch 」に。




ダウンロードして、※貼りつけたオーディオファイルは、

→「Flex有効」し、「Flex pitchにした」事により、

→Flex pitch解析されたリージョンに変わってる(確認)。

=そのリージョンを、ダブルクリック!!する。



(下の画面の)エディター画面に注目!!
○印を付けましたが、
そこの「トラック」を選択する!!



そこの「トラック」の「画面の左端の方」に、
「編集」があるので、そこクリック!




ズラズラ~と、色々、出てきますが、

「Flex pitchデータからMIDIを作成」

クリック!!











↑このスコアをプリント(印刷)したら、MIDIデータの譜面出てきました。


******************

※ちなみに、作成されたMIDIデータのトラックを再生したら、ピコピコ音でした。

音源は、プラグインで好きな音色に変えられる。

※スコア(MIDI)で再現された譜面は、
正直、元々、癖のあるロックボーカルのオーディオファイルでしたし、「おもろい配列(メロディー)」になってました。

しかし、あくまでも、私の感想でしかないでが、ボーカルメロディーを耳コピーするに際し、いい感じで、アシストになりました。

楽しかった(^ν^)です。

************

しかしながら、今回、この方法で、何か、間違いがありましたら、読んだ方がいたら、
もし、もしも、参考にされた方がいましたら、

「ごめんなさいm(_ _)m」

気づいたらば、訂正します。m(_ _)m。

************

今回、雑誌サウンドデザイナーでのこの企画の締め切りは、6月30日って、確か記載されてました。

私の場合は~、こんな調子で、1つ1つ作業が遅い(^◇^;)から~、
「...応募の締め切りには、間に合わないなぁ~」
と...~。

youtubeで、応募した人の楽曲聴いてみたりしてます。

6月9日(ロックの日☆)には、もう、サウンドデザイナーの7月号発売だわー。

************

では、また。

色々と日々、音楽と楽しんだ時間を書き残すブログでした。


作曲ランキング

続き。logic pro x で、音声ファイルをMIDI変換したい。摸索中な日記。

前回に、DAW「logic pro x」でのサンプルレートの変更の手順の備忘録を書き残しました。

今回は、(その続き?!)

☆月刊誌「サウンドデザイナー」で、(今、発売されている号の)「アレンジコンテストなる企画」を読んで、思った事ですが、...

◎雑誌の中では、

・課題曲「渋谷にて」
・バンド coo
(youtube動画紹介)

・歌詞にコードが記載されている。

・ロック、エレクトロ、J_popアレンジのプロによる作り方の記事
(各完成の音源サウンドクラウドが聴ける。)

がありました。

*************

アレンジのやり方は、人それぞれ...ですが、

私的には、

「メロディー譜が欲しい!是非!」と思いました。

・メロディーがあれば、コードは記載されてるので、より楽曲を分析!出来るよね、きっと。とか...思って...。

************

メロディー譜は掲載されてないので、....

メロディーを知るには、

「自分で、
・メロディーの耳コピーをする。」必要がありました。

************

今回、この企画では、
メロディー音源は、ダウンロード出来るので、

なので、

せっかくなので、

************

◎ボーカルメロディーを耳コピーするにあたり、

・ダウンロードした音源ファイルを、
DAWの「logic pro x」に貼り付つけて、

・logic pro x の機能である
「Flex pitch 」を有効にして、

・このボーカルだけのオーディオファイルから、
MIDIファイル(データ)を作成し、

・MIDIファイル(データ)のメロディー譜面を印刷

したいと思いましたー。

************

ここで、出来たスコア(ボーカルのメロディー譜)を見ながら、

「耳コピーしたい!」と思います。

************

ボーカル音声ファイルをMIDIデータにしても、

ボーカルって、「しゃくりあげ」とか「クセ」とか歌い方があるので、

「曖昧なメロディー譜面」しか出来ないけども、

それは、わかっているが...

***************

「なんか、このDAWの作業って、とても、

(╹◡╹)楽しそう!」

このボーカルのオーディオファイルが、
どんな感じでMIDIデータになるか、

「ワクワクするわー♪(^-^)」

出来あがったらば、

メロディー譜面を耳コピーで、
チェックが楽しみかな。

***************

次回は、logic pro x での作業を書き残したいと思います。

◎しかし、

「あくまでも、私なりの作業ですが...」

がしかし、

作業の中で、不安な手順もあり..(°▽°;)...

そこは、

AppleCareサポートに加入しているので、
曖昧な設定は、電話でサポート質問するしかないな~。

AppleCareは、Mac購入時に加入しましたが、
料金、3年間で、¥20,800円(←確か...(^^;;)間違えてたら、ごめんなさい...)

私は、以前から、DAWは、logic ですが、
(例えば、

・apple製品の動画ソフトにlogicで作成した音源を貼り付けるのに...なんだか..失敗ばかり...とか...

・楽曲の保存は、基本的に、どこに紐付けされてんだろう?

バックアップを取るにあたり、
このosと、このlogic のバージョンだと、最適なやり方は??
(以前のlogic studioをpro xに持ってきたファイルとか←うまく読み込めないファイルもあったりだし...)

とか.....思うので...。

そんなこんなの悩みが、沢山あったので...

購入時に加入してしまいました。

***************

ブログランキングに登録してみたんだけど、
プロフィール画像を設定しなかったらば、

なんと、

ここの記事内で貼りつけた画像が、自動で、ブログランキングのプロフィール画像になっている事に気付きました。

↓次回、こんな感じで、ブログに書き残したい↓




では、また。



作曲ランキング
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR